子供の肥満

  • 2008/06/20(金) 11:12:55

今年4月からメタボ診断などがはじまり肥満の病気への対策がいろいろされていますね〜メタボ診断は大人しか行ってないのですが、最近の子供も肥満体系の子が増えているみたいです。子供の体系は3〜5歳ぐらいで決まるといわれています。子供が痩せすぎよりかは少し太っていたほうがいいような気がしますが、子供自身自分の体系を維持できないので親が食事管理などをしっかりやらなくてはなりませんね〜肥満はいけないと言うわけではありませんが大人と同様にさまざまな病気の引き金になってしまう恐れがあるので、子供の肥満はほっとけるものではないと思います。

子供の歯科矯正はやったほうがいい?

  • 2008/06/16(月) 23:07:33

歯科矯正というと笑ったときに金属が目立つイメージが強いものだと思います。歯医者さんの検診などで歯科矯正を進められることが多いと思いますが、あのイメージが強すぎて子供にやらせるのは少し気が引ける感じだと思います。最近では目立たないような矯正方法がいろいろとでてきているみたいですが、歯科矯正をやるとなると保険がきかないぶんかなり高額になるみたいです。歯科矯正は骨が発達中の子供の時期にやっておいたほうが楽みたいです。大人になってから歯科矯正をと考えると子供より矯正している期間がかなり長くなってしまうので、できるだけ早いうちにやっておいたほうがいいみたいです。

プールでかかる病気

  • 2008/06/11(水) 16:08:20

最近幼稚園などではプールがはじまりましたが、プールというとプール熱や頭じらみなどの病気にかかる確率が増えてきますよね〜プール熱の種類は100を超えるみたいでノドの痛み、結膜炎、高熱といった症状がでるプールでの感染が多いのでプール熱と言われているみたいです。頭じらみもプールを行う時期に感染するものと言われているので特に髪の毛の長い女の子に多いみたです。髪の毛の中に卵を作り増えていくものなので日ごろから髪の毛は清潔にしておくことが大事だと思います。頭じらみは虫なので、人か人へと感染します。いつもふれる枕やふとんの他にも幼稚園とかでかぶる帽子も注意しなくてはならないみたいです。

食物アレルギーの原因を知る

  • 2008/06/09(月) 12:38:13

最近は大人から子供まで幅広く食物アレルギーになる人が増えていますね〜子供の幼児期で起こすアレルギーの代表といえばアトピー性皮膚炎や喘息などがありますが、最近もっとも多いのが食物アレルギーみたいです。反応してしまう食物といえば昔から言われている卵や乳製品、小麦などやそばや落花生、魚介類、大豆、野菜類、果物など今なお、反応してしまう食品が増えているみたいです。食物アレルギーの原因は食物中に含まれる原因物質のアレルゲンが血液中などに流れて、体中でアレルギー反応をおこします。食物アレルギーの反応は軽いものだと皮膚などのかゆみで症状が悪化してしまうとアナフィラキシーはショック状態を起こしてしまうのでとても危険です。まず食物アレルギーのある子供のははじめて与える食べ物に注意するのはもちろんですが、その後の子供の様子を観察することが大切だと思います。

中国式の赤ちゃんの産み分けカレンダーって?

  • 2008/06/06(金) 01:38:29

赤ちゃんの産み分け方法は産院などで行うものが多い中、赤ちゃんの産み分けの占いとして中国式産み分けカレンダーが注目されているみたいですね〜占いなので当たるか当たらないかはやってみないとわからないですが、中国の一人っ子政策にこの中国式産み分けカレンダーがかなり活躍していることもあって世界的にも実践されている方が増えているみたいです。あくまでも占いなので試しにやってみるのもいいかも知れません。