気になる男女産み分け

  • 2008/07/03(木) 20:57:48

最近は少子化と言われながら赤ちゃんを産み分けを希望する人が多い気がします。その一方で赤ちゃんが欲しくてもできない不妊症で悩まれている方もかなりの数でいると思います。赤ちゃんの男女の産み分けは主に病院でピンクゼリーやグリーンゼリーといったものを使って産み分けをすることが多くなってきています。先日テレビで最近芸能界に復帰した羽野亜紀さんが男女の産み分けについて語っていたのに納得?してしまいました。男の子が生まれやすい理由は男の人が疲れてたり、生命の危機?にあったりする状況だと遺伝子が跡継ぎを残せという指令をだすので男の子が生まれやすく、女の子の場合は男の人が疲れもなくリラックスした気分の時に女の子ができやすいという感じで話していました。
男女産み分けの鍵はすべて男の人にあり!でも確実に赤ちゃんを産み分ける方法としてピンクゼリー(女の子)とグリーンゼリー(男の子)を使った人の多くが成功しているみたいです。男女の産み分けを希望する人が増えていることはとてもいいことだと思います。2人目・3人目と赤ちゃんが増えるわけですから少子化にも貢献できるし!


排卵チェッカー

ケアー用品

マタ二ティーファッション



子供の食事とおやつ

  • 2008/07/01(火) 16:29:39

子供の食事とおやつは育ちざかりの子供にとっては大変重要なものですよね〜食事に関しては朝、昼、晩ときちんと3食食べる習慣をつけておかないと。成長する上でいろいろな問題などがおきる可能性があると思いますし、食べることは生きるということで大切なことでもあります。なにより規則正しい生活のリズムを作るにも食事は大変重要になります。子供のおやつは市販されているものがたくさんありますが、通常の食事をおぎなう役目でもあると思います。最近のおやつというとジャンクフードからスナック菓子、チョコレートなどなどいろいろありますが、きちんとおやつを与える時間を決めるのはもちろんおやつを与えすぎないようにきちんと量を決めておくことも大切だと思います。おやつをだらだらと時間を決めずに食べたり、お腹がいっぱいになるまで食べることは、通常の食事のリズムがくずれるほか、子供の肥満などにもつながるので親がきちんと管理する必要があると思います。

マタ二ティーヨガ

アトピー

中国式

子供の肥満

  • 2008/06/20(金) 11:12:55

今年4月からメタボ診断などがはじまり肥満の病気への対策がいろいろされていますね〜メタボ診断は大人しか行ってないのですが、最近の子供も肥満体系の子が増えているみたいです。子供の体系は3〜5歳ぐらいで決まるといわれています。子供が痩せすぎよりかは少し太っていたほうがいいような気がしますが、子供自身自分の体系を維持できないので親が食事管理などをしっかりやらなくてはなりませんね〜肥満はいけないと言うわけではありませんが大人と同様にさまざまな病気の引き金になってしまう恐れがあるので、子供の肥満はほっとけるものではないと思います。

子供の歯科矯正はやったほうがいい?

  • 2008/06/16(月) 23:07:33

歯科矯正というと笑ったときに金属が目立つイメージが強いものだと思います。歯医者さんの検診などで歯科矯正を進められることが多いと思いますが、あのイメージが強すぎて子供にやらせるのは少し気が引ける感じだと思います。最近では目立たないような矯正方法がいろいろとでてきているみたいですが、歯科矯正をやるとなると保険がきかないぶんかなり高額になるみたいです。歯科矯正は骨が発達中の子供の時期にやっておいたほうが楽みたいです。大人になってから歯科矯正をと考えると子供より矯正している期間がかなり長くなってしまうので、できるだけ早いうちにやっておいたほうがいいみたいです。

プールでかかる病気

  • 2008/06/11(水) 16:08:20

最近幼稚園などではプールがはじまりましたが、プールというとプール熱や頭じらみなどの病気にかかる確率が増えてきますよね〜プール熱の種類は100を超えるみたいでノドの痛み、結膜炎、高熱といった症状がでるプールでの感染が多いのでプール熱と言われているみたいです。頭じらみもプールを行う時期に感染するものと言われているので特に髪の毛の長い女の子に多いみたです。髪の毛の中に卵を作り増えていくものなので日ごろから髪の毛は清潔にしておくことが大事だと思います。頭じらみは虫なので、人か人へと感染します。いつもふれる枕やふとんの他にも幼稚園とかでかぶる帽子も注意しなくてはならないみたいです。